仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Wed 19/12/2018 at 10:09 am
 

検索日本ガイド

ロケーション カテゴリー名:
 
 

インドへの概論

インドへの概論



インドはよく、国ではなく大陸だと言われています。とても寒いヒマラヤの登頂からケララの熱帯的な自然、無比な地面が並ぶ包含する広がる境界,そして色々な文化と人びと。インドの道を歩けば色々な人と出会えるでしょう、公正な肌の人たち、ターバンを被ったパンジャービーそして暗い肌のタミルの人々。様々なお寺の儀式を行っているのも見かけるでしょう。

1947年にインドがイギリス支配から独立して時からインドは大きな進歩を取り次げました。1990年のフリー.マーケット改革の拍車された時点から、ラジーブ.ガンジーにより経済のレボルューションが始まりました。ラジーブ.ガンジーは新しいコンジューマー製品、技術、生活に持ち入れインドを変換させたのです。今仏陀が住んでおしえていたくにがいま世界で二番目に大きいパソコンのソフトウエア開発者になったのです。国独自のサテライトと核兵器を使っています。

人里離れた小さな村にも便利なネットカフェやスマートフォンやタタナノ(インド産の車)は普及しているにも関わらず、同時にそれらがインドが世界最大の民主主義国家になる前から頭を悩ませている様々な問題も浮き彫りにする。

インドのマーケットでの立ち合いにて明らかにインドは色々な悩みを持っています。
40%のインドの住民にとって貧困はとっても過酷な事実なのです。インド以外に他の国はインドが保つほどの規模のスラム、栄養失調の子供たち、無学の女性たちの数はただインドだけでしか見かけられません。

初めてインドに訪問した人にはこのような明白な格差に耐えることができません。他の人たちは禁欲的なワンダーランドと、この地球で最も唯物的な社会に出会う事を期待しています。しかしほとんどの訪問者は期待していた事と不可解で目まぐるしい国に対して怯えている様です。しかしこれらのインドの耳障りな並置、手に負えないパラドックスと欲求不満にもかかわらず、全く説得力のある訪問先である。複雑で使い古された、インドならではの独特のさび - 混雑してるバザールにある生活、いたるところで見つかるフィルミー音楽、鼻にツンと来るディーゼルの煙のごちゃまぜにおい、スパイス - これは飛行機から降りた瞬間にすべてをわすれる呪文なのです。好きか嫌いかは別として、最もほとんどの旅行者は、二つの間で揺れ動いています。インドはあなたの世界観を劇的に変えます。