仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Thu 19/07/2018 at 11:08 am
 

フォーカス



アミターブ・バッチャン




名前 : 仕事で退屈した事は一度もありません

指定 : ボリウッド俳優
アミターブ・バッチャンは、現在楽しく、幸せな状態で仕事に邁進している。プラカッシュ・ジャーの映画、“Satyagraha”のリリースも間近に迫り、また、一方でそれのTVドラマの製作も行っている。特派員・スレヤ・バスーがボリウッドの帝王、アミターブ・バッチャンにインタビューしました。
----------------------------------------------------------------------------------

2011年の“Aarakshan”以降、今回の“Satyagraha”でプラカッシュ・ジャーと再度一緒の仕事となりましたね。彼のどこが一番好きですか?

プラカッシュと一緒にすると、一番いいのは、ヒンディーが上達する事ですね。アクセント、ボキャブラリー、発音など全てにおいて、生き生きしてきます。

この映画では新しいガンジー像を演じていますね。Satyagrahaでは、どのくらい、自身のキャラクターと同化できていますか?

演じてきたキャラクターでは、真実はいつも勝利する、という事を信じています。彼の観点をみんなの前に最終的には示しても、そこに到達するまでの道のりは全て正しいと彼は言います。私も個人的にそう信じています。

TVシリーズもとても楽しみにされていらっしゃる様ですが、こちらは(映画との違いは)どの様になる予定ですか?


今の所、あまり詳しくは明かせないのではないかと思いますが、今言えるのは、多くのTVドラマが放送されていますが、それらはどれもヒットしています。我々も感謝しています。しかし、せっかくなので、今回は違った物をお見せできればと思っています。

プロジェクトに対し、'yes'と言う時に、恐れている事は?
いつでも新しい物に向かう時は、プレッシャー、心配、危険を感じています。私も皆の賛成を得るために、多くの議論やディスカッションを半年ぐらい重ねます。

フィンクションに出演しようと思うのはどの様な場合ですか?
(冗談めかして)映画業界で仕事が少なくなっている時、かな。だから、ちょっとTVにも出演してみようかな、と思ったんだ。

ボリウッドの大物俳優として、あなたの地位にあわせ、取り入るような演技をする事は減りましたか?
人々は私に自分の決断は自分でしなさい、そして、年とともに70 mmのスクリーンから25インチのテレビに移行しなさい、と言います。人々はそれが、私の地位を低めると思っているようですが、私も後数ヶ月で71歳になるのですよ。私には特に思い残す様な地位など残っていません。今までそのようにした事が無いのですから、試してみるのも賢い選択かもしれませんね。

あなたは熱心なブロガーだと聞きましたが、執筆をしてみるのはいかがですか?
自分が執筆をするような価値があると思えないのでね。

でも、あなたはアミターブ・バッチャンじゃないですか。
私も他の人と変わらないただの人間です。ただ、俳優という職業柄、プロジェクトが自身の人生よりも大きなものになるだけです。


あなたは70歳ですが、退屈しないで何時間まで仕事できますか?

一日18時間ですかね。必要なだけ長くたくさん仕事する準備は出来ていますし、過去45年で退屈に思った事は一度もありません。

新しいプロジェクトはあなたをわくわくさせますか?

毎日が挑戦です。全ての新しいプロジェクトが挑戦ですし、新しいチャンスです。私はいまだに、セットに行くと緊張するんですよ。全てのプロジェクト、ショットにおいて、最高の撮影が出来るようにとベストを尽くしています。