仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Thu 20/09/2018 at 12:02 am
 

ライフスタイル

.トップニュース |経済 |今日の特集 |ライフスタイル |インド・ジャパン |社会 |トラベル |ビジネス |交通/オートモービル |テクノロジー |ファッション |政治 |スポーツ |メドレー |インド |健康/ヘルス |環境 |写真特集 |ビデオ/動画 |TV & メディア |文化・カルチャー |ニュース解説 |宗教 |犯罪 |教育 |防衛 |外交 |安全/警備 |エンタメ |農業 |テロリズム |不動産 |アクシデント/事故 |人権 |天気 |法律&行政 |エクストリミズム |ショウビズ |バイオレンス |通信 |フード & ドリンク |国際 |Insurgency |Literary |北アメリカ |南アジア、東アジア |中東 |アフリカ |ヨーロッパ |南アメリカ |中央アメリカ |オセアニア |自然災害 |ASSOCHAM ニュース | | | | |
TCI、栄寿司をインドで開業
05 April, 2013   COLORS OF INDIA NEWS AND MEDIA SERVICES




ニューデリー、4月4日(RDI):インドの統合サプライチェーンと物流ソリューションプロバイダー、Transport Corporation of India(TCI)は、4日木曜日、栄寿司をアンビエンスモールにオープンした。栄寿司は、日本とアジア全域の料理を提供するシンガポールのレストランチェーンである。

レストランはブラジル、ウルグアイとインドネシアの高等弁務官事務所から、現在ははシンガポール高等弁務官のカレン・タン氏により発足した。

栄寿司はチャンダー・アガルワル氏(エグゼクティブ·ディレクター、TCI)とチャンドリマ・アガルワル氏(CEO、TCIアペックスパルホスピタリティ)と栄寿司・シンガポール -  ダグラス・フー&リリアン・フー(エグゼクティブバイスプレジデント)ら、TCIのプロモーターとの合弁会社である。

レストランでは、手間がかからない、効率的な食事のためにお湯の蛇口が備えつけられていたり、皿の種類で価格が分かるようになっていたりとコンセプトの開拓を行っている。

スパイシーな海鮮キムチ鍋、サーモンゆず白滝、スパイシー炭焼きうどん、栄桜、海鮮と帆立の明太焼き等、その精巧で本物の日本の味が味わえる場所はまだ多くは無い。

また子供たちのためにおいしく健康に配慮された季節のメニュー、キッズメニューも用意されている。

レストランの建築デザインは海外のデザイナーによって日本様式を取り入れ、個室の天井と日本風のバーには日本の詩を描き、栄寿司インドはユニークな日本スタイルのまったく新しい概観を与えている。

チャンデル・アガルワル氏は、”我々は栄寿司に関わる事ができて喜んでいます。この合併会社を通じ、インド市場に適正な価格で、アジア全域の料理を融合した、エキゾティックな日本料理、ワールドクラスの新しい食事を提供する事が目標です。ユニークなメニューでお客様に満足していただければ幸いです。”と語る。

リリアン・フー氏は、"栄寿司は、手頃な価格で革新的で、楽しさと魅力的な設定で楽しめるプレミアムフードとしてアジア全体でよく知られています。"と述べた。

フー氏はまた、”私たちが期待されている様な、新鮮で、健康的で美味しい料理を提供することに加えて、コンベアベルトに乗せて提供する事で、スピードと使いやすさも提供します。インドでこのレストランのオープンを祝える事を大変嬉しく思っています。"と付け加えた。

イベントは、日本の伝統的な舞踊とボリウッドのダンスを含めカルチュアル・イブニングとして行われている。

レストランは、2013年4月4日にオープンする。

ニュースについてのお問い合わせは、readers@rangdeindia.jp、までお願いいたします。



Rangdeindia.jpのコンテンツは(テキスト、ソフトウェア、写真、ビデオ、グラフィックス、音楽を含み、またこれらに限定されないコンテンツすべてを指す)すべて、著作権で保護され、商標および他の機密情報を含んでいます。 また、Rangdeindia.jpのコンテンツすべてはインド著作権法に従い保護されています。
Rangdeindia.jpのオリジナルコンテンツと同様に、コンテンツの編集、アレンジその他すべてにおいても著作権を所有します。
Rangdeindia.jp登録者、および利用者のすべては、コンテンツのすべて、または一部であっても、コンテンツの修正・編集、それを第三者及び一般公衆に公表や送信、転送または販売、派生著作物の作成をおこなってはならない。またその手段についてはいかなる場合も禁止とする。
登録者はコンテンツのダウンロード、視聴その他すべての利用について、個人的利用目的の場合のみ許可されるものとする。

スポンサーリンク