仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Tue 17/07/2018 at 11:21 am
 

インド、日本の最新ニュース

アベノミクス、インドに影響を与える可能性あり
01 April, 2013



長引くデフレスパイラルに対抗するため、安倍政権の幅広い戦略がキャリートレードに終止符を打つと見られている。名目金利を引き上げる可能性がある、と、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長で、元総務大臣の竹中平蔵氏は言う。

キャリートレードは、低金利で借りて、より高いリターンを提供する資産に投資することを含む。歴史的な円安で日本の金利と、円で借りた投資家は、米ドルにスワップしてから、利益を高め、株式を買った。円安で、インドのためにキャリートレードの影響が低い流入を伴う可能性がある。

首相の経済的手法や哲学からアベノミクスと名づけられた政策は、2%のインフレ率を目標とした金融緩和と短期的に多くの支出の増加、長期的には財政再建を目標とした柔軟な財政政策を組み合わせた成長戦略である。

金融担当大臣だった竹中氏は、日本の高い赤字と低い成長率により日本円が安全な通貨ではないことをムンバイでのインタビューで語った。彼が説明したように、日本の競争力は、近年の米ドルと、韓国ウォンに対する円高により明らかである。弱点のほとんどは為替レートによるものである、と彼は言った。しかし同時に、金融緩和が行われ、また、相応財政再建が行われない場合、円が急速な下落を及ぼす可能性があります、とも警告した。

竹中氏は小泉政権の後、改革の勢いが失われたと述べた。しかし、彼は、それが日本経済を復活させるのは難しいものではなく、過去数十年が混在した経済状態、日本にとって失われた経済一ではないと考えています。

竹中氏は、日本でコーポレート·ガバナンスを改善するための法律を改正するために、先進国で最も弱い国の一つとして批判することで、首相を少しずつ動かしていると述べた。 "我々はそのための強力な政治的リーダーシップが必要だ"と彼は付け加えた。