仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Tue 13/11/2018 at 4:42 pm
 

インド、日本の最新ニュース

チェンナイで日本文化博覧会が3日間開催
24 March, 2013



それ以来行われてきた、様々なイベントが同じことを認めてきた。タミルナードゥセンターで進められていた3日間の日本文化祭、” ABK-AOTS DOSOKAI “は、同じことを記念して開催された。展覧会は、チェンナイ日本総領事館、ABK-AOTS DOSOKAI、タミルナードゥセンターが共同で主催している。

日本文化祭は、チェンナイの人々が日本について知る機会を提供し、日本とインド間の相互理解と友好関係を強める目的で行われている、とABK-AOTS DOSOKAIのアシスタントマネージャー、R Bhoopalan氏は語った。フェスティバルの一環として、人形、日本ユネスコ遺産のジオラマ(ミニチュアモデル)、及び日本のアート&クラフト、生け花や折り紙など展示されている。盆栽も展示されている。

人形はNavaratri Koluのように、段階的に日本文化の側面を描いて配置され、作品の美しさに魅せられた来場者で、会場の中でも目玉だった。

別のセクションでは、デコ粘土で作られた作品を含む粘土の工芸作品が展示されており、訪問者はうっとりしていた。

日本語通訳であり、ABK-AOTSのメンバーである、シティエクスプレスのジェニファーラジクマール氏は、デコ粘土のモデリングはインドはまだ取り上げられていないトレンドだという。

彼女はデコ粘土で作られた花の作品の見事な配列を指しながら、"それは無色で、非毒性かつ完全に安全"と彼女は言う。唯一の問題は、彼女によると、粘土は日本から輸入しなければならない点である。

粘土を使う事で花の細部を簡単に再作成することができる。粘土自体が様々な色合いで利用可能になると塗料を追加する必要がないと、彼女は指摘している。正しい色合いを得るために、様々な粘土の正しい量を混在させる必要がある。

空手、柔道、古武道や折り紙のデモンストレーションは、3日間に開催される。