仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Mon 19/11/2018 at 1:35 am
 

インド、日本の最新ニュース

マルチスズキ、マネサール工場で、第3の組立ラインを設置計画
25 March, 2013



MSILは在庫の集積を防ぐため、生産を停止していた次の日に決定が発表され、さらに他の国の自動車メーカーは減産を考えており、その影響で国内市場の需要が減少する事を考えると、さらに事業の拡大を計画する必要があるとしている。

しかしながら、MSILは、新工場が始動すると、同社は年間150万台の生産可能台数に追加してさらに25万台を生産可能になる。

MSILのRC・バルガヴァ氏は、ビジネススタンダードの観点から、"マネサール工場Cは、今年後半に委託されます。我々は、ガソリン車の生産が過剰だが、マネサールユニットは、主にディーゼル車を生産しています。我々は市場の需要に応え、同時にディーゼル車を生産可能になるようにする予定です。"と、言っている。


バルガヴァ氏は、”我々は465,000台のディーゼル車を販売したいと考えている。また、スウィフト、DZireとErtiga等の当社の人気のディーゼルモデルの販売を待っているお客様が多数いらっしゃいますので。 "と、続けた。

MSILのチーフ·オペレーティング·オフィサー(セールス&マーケティング)、Mayank Pareekがビジネススタンダードから、”フィアットとの合意により、 昨年2月ごろからディーゼルエンジンを調達を開始しました。成長率は緩やかですが、それは高いベースに来ている。我々は、スウィフト、DZireとErtigaのための83,000台の受注合計を持ち続ける。予約は、ディーゼルバリアントの物が主である。"と、伝えた。