仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Wed 19/09/2018 at 8:48 am
 

インド、日本の最新ニュース

投資家誘致のため、チダンバラム財務大臣、日米加を訪問
06 March, 2013



彼の次期予算の商工会との相互作用において、大臣は、財政赤字が含まれているが、その中でも、"経常収支赤字(CAD)がもっと深刻である"と述べた。

彼は、輸出増加は、CADの懸念に対処するための最も確実な方法であると述べたが、同時にそれは短期間で増加させることはできない。

"短期的に、海外への輸出が十分かつ活気づくように保証できなければ、CADへの融資はできない。"

外貨の収支の差を表すCADは、7〜9月期における国内総生産(GDP)の5.4%を記録した。

"私は投資家達との連動を続けていくつもりだ。近いうちに、4月か5月頃にムンバイに向かい、外国人投資家との連合を可能にするために、日本、カナダ、米国を訪問するつもりだ。"と大臣は言った。

1月には、財務大臣が、インドを投資先とするプロジェクトのため、シンガポール、香港、フランクフルト、ロンドンを訪れていた。

"私が海外に行く前に、政府の決定した予算についての政策措置について大きな反響があり、また、同時に同じだけの暖かい支援の反響があったものと私は信じたい。"と大臣は言った。

予算の目的の一つは、FDIとFIIの外資の流入を十分にするためである、とも述べた。

"我々は、外国からの投資先としてインドを魅力的に保つ必要があります。予算の際に外資をルピーに投資するために必要なステップについては公表されました。"

他のステップにおいて、インド政府は、KYCプロセスを簡略化し、インフラ債の源泉徴収税を削減し、外国人投資家がリスクを回避できるようにした。

さらに財務大臣は、他の懸念についても明日以降検討すると述べた。

大臣は、SEBI会長が、この未解決の問題を議論するために、世界各国からの外国人投資家をまもなく招集することを通知した。

さらに投資可能な現金を有する公民両法人からの投資を奨励するために、大臣は彼らの懸念を緩和するために実業家と対話すると述べた。

彼はこの、再導入する投資控除を盛り込んだ、新たな投資を誘致した"難しい決断"が、プロジェクトの実施を早めたと述べた。

2013年~2014年の提案予算では、10億ルピー以上を工場又は機材へ投資した企業は、2013年4月から2015年3月の間に、投資額から15%の投資控除を受けられる。