仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Thu 15/11/2018 at 5:02 pm
 

インド、日本の最新ニュース

日本、インドの“イチゴ”プロジェクトに加わる
28 March, 2013



ユニークな取り組みは日本語で苺を意味する”イチゴ”と命名されました。

関係者によると、Talegaonファームは、温度と水の管理をリモートで制御され、日本の農業専門家がインターネットを介して監督されている温室がある。
NECのCSR•環境経営推進グループ、シニアマネージャー、村上氏は、インディアンエクスプレスに以下の様に伝えられた。"我々は、40エーカー分の温室、肥料、水と温度を測定するための冷却装置やセンサー機器を日本から輸入しました。

"ストロベリーファームは雇用ではなく、パートナーシップを通じて、我々は投資を提供し、彼らが管理に取り組んでまいります。イチゴの売却による利益50%以上が異なる村の農村女性によって形成された企業に与えられます。"と、村上氏は言う。

"山本町のほとんどの人はイチゴ栽培を通じて生計を立てている。津波の後、彼らには、何も育たない不毛の農場が残った。私は情報技術を通して、土を使用せずにいちごを栽培するコンセプトを思いついた。"と、IT専門の岩佐氏は、新聞に述べている。

また、彼は続けて、"私は伝統的なインドの農場を訪問した時、イチゴを探して地面をはっている女性を見て悲しくなりました。イチゴ栽培の私の方法は、より衛生的なプロセスです。"と、述べている。

当局者は、プロジェクトの始動が2012年11月中に取り込まれたことと、最初の収穫は、数日前のことだった。しかし、RS600ルピー/㎏の価格は5つ星ホテルのようなハイエンドのクライアントを対象としている。

"まだ、我々の農産物が少量であるため、我々はニッチ市場への販売をターゲットとしたい。私たちのプロジェクトの焦点は、高品質のイチゴを生成することです"と村上氏は言った。