仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Thu 20/09/2018 at 12:30 am
 

インド、日本の最新ニュース

電通インド会長オウリー氏、インドの成長を牽引するデジタルモバイル広告
24 March, 2013



"インドの広告業界における次の大きな飛躍がデジタル空間の領域になるだろう。私たちの製品から専門知識と経験を活用し、この領域での事業を拡大するための具体的な計画があります。"と、電通インドグループの代表取締役会長、Rohit Ohri氏は言った。

インドでの携帯は4人に3人以上が持っており、インドのFacebookユーザーは6000万人で、月に200万人づつ増加していることになる。
 
もし、携帯が、クラスバリアー、ソーシャルメディアを取り除くのであれば、Facebookの様なソーシャルメディア、Twitterの様なマイクロブロギング、Youtubeの様なオンラインビデオサイト、Linkedinの様なプロフェッショナルネットワーキングサイト-等はインドにおける次のステップを論理上提供する事になる。

手のひらサイズのネットのブラウジング力をもたらす、ソーシャルメディアフレンドリーなスマートフォンは、5000ルピーから購入が可能である。

"広告主については、最大の課題は、ブランドを構築するために携帯電話を最適に活用する方法になるだろう。"と、 Ohri会長は言った。

スマートフォンの売上高は、2012年には2,000万ルピーに達し、通信事業者は4Gサービスを本格展開するとして、今年の売上は倍増すると見られている。

電通は最近、モバイルアプリケーションを使用した"クーポンエンターテイメント"プラットフォームとして、2010年に日本で発売された"iButterfly"をインドで立ち上げた。

"世界最大のブランドのいくつかは、iButterfly使用している - いくつか例を挙げるとサムスン、リーボック、スターバックス、Doveなどです。この媒体を介した、すべての企業が、エンドユーザーとつながる事で、計り知れない価値を持っている事に気付いている。"と、 Ohri会長は言った。