仕事 | 不動産情報 |INDIAN ONLINE SHOP IN JAPAN
ホーム
カラーズ オブ インディア

世界的な>>>インド 米国   Mon 19/11/2018 at 1:44 am
 

インド、日本の最新ニュース

HCIL、新工場への250億ルピーの投資を発表
03 April, 2013



HCILはラジャスタン州のアルワル地区タプラカ工場敷地内に、2014年中に年間生産能力12万台の四輪完成車組立ラインと鍛造鉄部品生産ラインの稼働を開始する。アルワルにあるHCILのタプラカ工場は、デリーから約75キロに位置する。関連投資額は250億ルピーとなり、新ラインの稼動とともに新に2,200人を雇用する予定である。

新工場の能力と組み合わせることで、HCILの総発電の生産能力は2014年には、年間24万台に増加する。

4月1日よりアジア・大洋州地域の四輪車開発・購買・生産を統括する四輪生産統括責任者として着任した常務執行役員 松本 宜之氏は、“インドは私たちにとって重要な市場であり、今後3年間で、HCILはAmazeを含む5つの重要なモデルをリリース予定です。”と発表している。

"インドでの事業を展開するために、我々は新たな能力を得るために準備を始めている。新しいディーゼルエンジン部品の生産ラインとラージャスターン州のタプラカで鍛造工場の新しい組立ラインの立ち上げに向け合計250億ルピーを投資しています。"

"ラジャスタン工場は年間12万台の設置容量を新たに持つことになり、来年の最初の車を出荷する準備が整います。"

タプラカの生産施設は、プレス工場、パワートレイン工場、ウェルドショップ工場、ペイント工場、プラスチック成形、エンジン組立、フレーム組立およびエンジンテスト施設、鍛造すべての機能を含む統合された製造工場となる。

多様な顧客の要望を超える製品をより早く提供することを目的に、ホンダは4月1日から国際組織を変更し、”開発、購買、アジアにおける生産·の代表"として松本常務役員を任命した。アジア·オセアニア地域全域を統括するためにインドに拠点を置いている。

同社はまた、1.5L I-DTECディーゼルエンジン、インドで利用可能なディーゼル能力を変更し、ホンダの次世代地球の夢の技術のをインドで初めて展示する。

これについて言えば、ホンダカーズインド株式会社の金山社長は以下の様に述べた。、"我々は今、4月11日に公開予定のAmazeにより、ディーゼル部門への参入をする。これにより、インド国内での事業を展開するつもりです。”

"ディーゼルパワーが加わることで、当社が事業を行っている世界は、今後数年間で合計乗用車市場の約50%に増加する。我々はホンダが2013年4月1日からAmazeの公開を予定しています。"